乳酸がたまっても疲労とは関係ない!?事実

日本人の26%(約3割)しか知らない事を紹介。

言っている貴方は恥ずかしい、体にまつわる意外な事実。

よくジョギングや筋肉運動をした際に「乳酸が溜まると疲れる。」という言い方をするが、この様に乳酸は疲労物質だと思われてきたが、乳酸が溜まっても疲労とは関係ないちょいう事実がある。

乳酸が溜まって疲れたなんて表現はテレビなどでも耳にする言葉であるが、これは間違いだったのである。

どういう事なのであろうか。

運動などで糖が消費されると、疲労が溜まり、それと同時に乳酸が発生する事から乳酸=疲労物質だと、アーチボルドヴィヴィアン・ヒル、オットー・マイヤーホフといったノーベル賞受賞者が論文で発表した為、これまで誰も疑わなかった。

しかし、東京大学大学院総合文化研究科の八田秀雄教授によると様々な研究で乳酸が疲労を起こしているワケではないという事が分かって来たという。むしろ乳酸は筋肉疲労を防いでくれているという。

研究の結果、乳酸は老廃物どころかエネルギー源であることが分かったのである。

これを知ったあなたは鼻高々に周囲に教えてあげよう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ