お風呂で眠いと感じても気を失っている可能性がある

マジックをみせてくれる銭湯

古き良き銭湯は数少なくなっているが、そんな中でも東京都・中野区にある『昭和浴場』では、そこではオーナーがテーブルマジックを披露してくれる。

そんなお風呂にまつわる日本人の3割しか知らない事実を紹介。

お風呂で眠いと感じても本当は眠っていない!?事実

お風呂で眠くなる事がある人は多いのではないだろうか。しかし、本当は寝てるわけではない体にまつわる恐怖の事実がある。

実はお風呂で寝るのは眠いから寝ているワケではない。気を失っているだけなのである。

お湯に入ると、多くの人はリラックスするので当然眠気をもよおすが、中には血圧が低くなって、頭への血の巡りが悪くなって、普段の立ちくらみの状態であるが、その状態がずっと続いているのがお風呂の中という事になる。

お風呂で眠気を感じても、それは気を失っている可能性がある。お湯に浸かる事で心臓が圧迫され、脳に十分な酸素が送られず、無意識のうちに失神寸前、気を失ってしまう可能性があるのだとか。時には意識障害を起こしてしまう事もある。

なので、外からの刺激で起こそうとしても起きない、勿論自分で起きる事が出来ないので、水没したとしても覚醒する事がない。

現に入浴時の死亡事例として溺死が圧倒的に多い(62%)がある。なので、眠いと感じたら湯船から出た方が良いのかもしれない。

このようなお風呂での危険は日本人の3割しか知らなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ