赤ちゃんを助ける!?事実

最近、赤ちゃん用に様々なオモチャがある。例えばガラガラ(ベビーラトル)が、サファイア・ルビー・ダイヤを散りばめた遊ぶことなど出来ないであろう超高級な状態になっている。これはイギリスのウィリアムズ王子とキャサリン妃への第二子誕生祝いのプレゼントに作られた。

更に。誰もが購入可能で、赤ちゃんを抱っこしながらでも使える、世界初の電動開閉式ベビーカー『4 moms Stroller』もある。気温・速度・走行距離も表示された超ハイテクなベビーカー。

ゆりかごもママの抱っこを再現した電動ゆりかご『電動バウンサーmama Roo3.0』。5つの動きと4つの音が内蔵されており、赤ちゃんにとって最高の環境を演出。ママが手放しで喜べるアイテムである。

オモチャの進化はハイテクだけでない。ここから日本人の3割しか知らない事実を紹介。

赤ちゃんはオモチャを口に入れづらくなっている事実

実は赤ちゃんはオモチャを口に入れづらくなっているのである何でも口に入れてしまう赤ちゃん。なかなか減らない誤飲事故を防ぐため、最近ではオモチャにはある工夫がされている。

例えばリカちゃん人形。これを口に入れると、めちゃくちゃ苦い。赤ちゃんが飲みそうな小さなオモチャには万が一口に入れてしまってもすぐに吐き出せるようにあえて苦味をつけている。

その物質はデナトニウムギネス世界記録によると世界一苦い物質として認定されている。1億倍に薄めても苦味が分かる為、コスト削減に繋がるのだという。

赤ちゃんのオモチャが苦いという事が日本人の3割しかしないのである。

他にも洗剤やマイクロSDカードにも利用されている。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ