日本人の3割だけだった事実part2

日本人の3割について意外なデータを紹介。

年収500万円以上ある家庭は日本で約3割

まずは、お金にまつわる3割な事実。

年収で500万円以上の年収のある家庭は日本で約3割しか存在しない。全国の家庭で世帯ごとの年収が500万円を超えているのは全国で約3割(31%)で、年収1000万円以上となると1割以下(6%)になってしまう。

更にもう1つ、お金にまつわる3割な事実。

貯蓄のない家庭は約3割

貯蓄をしていない家庭は約3割もある。預貯金だけでなく、株などの金融資産を保有していない家庭は約3割(30.4%)で、貯蓄がるという家庭の平均金融資産は約1753万円。

30代前半で既に家を購入約3割

続いて生活にまつわる3割な事実。

30代前半(30~34歳)で持ち家に住んでいるのは約3割(28.9%)である。1戸建ての他、マンションなどを含めると3割もの人が持ち家を持っているという。勿論年齢が上がると共に家を持つ割合は上がっていく。全国で最も持ち家の割合が低いのは東京都で5割以下である。

20代後半男性で既婚者は約3割

恋愛にまつわる3割の事実。

20代前半の既婚者は男性で1割以下(6%)、女性で1割(10%)。20代後半の既婚者は男性で約3割(27%)、女性で約4割(37%)となっていて、女性もあまり変わらず。30代になると男性は6割(55%)、女性は7割(65%)と半分以上が結婚している。一生独身は男性だと約2割(20.1%)、女性だと約1割(10.6%)という調査結果になっている。

東京で生活していて交通事故に遭う人の割合は約3割

東京都で起きる1年間の交通事故は自転車の事故などを含めると約42000件。その東京でずっと生活した場合、東京の人口の約3割350万人が交通事故に遭う確立になる。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ