日本と中国で『手紙』の意味が全然違う

知っておくと役立つかもしれない外国語に関する事。

近年、日本に来る中国人観光客が激増。年間約180万人とも言われている。特に日本の家電製品は大人気。中国人と仲良くなる事もあるかもしれない。そんな中で知って起きたい事実。

日本と中国では『手紙』の言葉の意味が全然違うという事実がある。

一体、中国では何を意味するのだろうか。

拓殖大学外国語学部中国語学科の永江貴子准教授によると中国で『手紙』と書くと『トイレットペーパー』を意味する。『ショウヂー』と発音し、「手元に置いて使う紙」などの意味が転じたと考えられている。

他にも、日本語の『歩く』に対し、中国語では『走』という文字を書いたり、『自動車』を『汽車』、『女房』を『老婆』、また『配偶者』を『愛人』と書いたりするので注意が必要である。

日本人の2割しかこの事を知らなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ