指名手配の犯人は自首は出来ない

事件のニュースがこれでよく分かる事実。

指名手配犯が「自首をする。」と言ったとして、警察に行ってもそれは出来ない。

理由は指名手配されてしまったら自首は出来ない事実があるから。

何故なのだろうか。

弁護士の服部梢によると自首とは警察が犯罪の発生を知る前、または発生後に犯人の特定が出来ていない段階で自ら警察に申し出た場合に適用されるという。『指名手配』されているという事は犯人が特定されているので、出頭しても『自主』とは認められない。

同じ警察に行くとしても『自首』と『出頭』の違いは何なのだろうか。

犯罪が起きた事実があり、容疑者が特定された場合、指名手配された者が自ら警察に行くのが『出頭』。まだ犯罪が明らかになっていない、または容疑者が特定出来ていない場合、警察に行くのが『自首』である。

その為、指名手配された時点で『自首』の条件を満たしていないので、『自首』にはならない。

日本人の2割しかこの事を知らなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ