クラクションはどんな押し方でも音量は変わらない

皆、意味なく気を使っていた事実。

『警笛鳴らせ』の標識の場所では、クラクションを鳴らし、車が来たことを知らせた方が良いが、クラクションの音が、騒音になり、周囲に迷惑がかかると思い力を抜いたり、ゆっくり押したりしてあまり音がならないようにしている人も多いかもしれない。

しかし、実はクラクションはどんな押し方でも音量は変わらないという事実がある。

皆もクラクションを鳴らしたくない時、そっと押したりするだろう。

では、クラクションの音量を機械で計測してみる。弱く押した場合、音量は110.3デシベル。では、強く押した場合は大きく感じても音量の大きさは弱く押した場合とほぼ同じ110.0デシベル。強く押そうが弱く押そうが音量の数値はほぼ同じ。

その仕組みとはなんなのだろうか。

クラクションの押し方に強弱関係なく、音量が一定値(93~112デシベル)に達する様に定められている。なので音量調節用の機械は入っていない。

音が大きいとか小さいとか感じるのは押している時間が長いか短いかだけである。

日本人の3割しかこの事を知らなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ