頭痛薬を飲む前にキャベツを食べるのはダメ!効果が減る

貴方も今までやっていたかもしれない事実。

薬を飲む時は何か食べ物を胃に入れておいた方が良いのは常識的な話。しかし、冷蔵庫にキャベツしかなかった時は注意した方が良い。

頭痛薬を飲む前にキャベツを食べない方が良い事実があるからである。

弘法医院の林督元院長によると実はキャベツや芽キャベツに含まれる成分であるグルクロン酸が頭痛薬に多く含まれるアセトアミノフェンと肝臓で結合し、それが腸を通って体外に排出されてしまう働きがある。

なので、せっかく頭痛薬を飲んでも十分な効き目が出ない可能性がある。

とは言っても、キャベツに含まれているグルクロン酸は非常に微量なので、健康に危険というワケではなく、薬の効果が十分発揮出来ない可能性があるという程度なので、基本的には大丈夫である。

日本人の1割未満しかこの事を知らなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ