メガネの正しい畳み方!左からたたむ!右から畳むのはダメ・間違い

目が悪いという理由だけでなく、サングラスやダテメガネなど、多くの人が愛用するメガネ。そんなメガネにまつわる意外と知らない事実。

これは眼鏡をメガネケースにしまう時に問題となって来る。

実はメガネをたたむ時、右からたたんではダメ・間違いという事実がある。

街頭でメガネをかけている人にどのように畳んでいるか聞いてみると、皆意識はしていない様で畳み方は左右色々。

しかし、何故左側から畳まなければいけないのだろうか。

その理由はメガネの柄は左から先に畳むように作られているからである。何故なら、右利きの人が多い為、メガネをかける時、開き易い様に右の柄が上になる様に設計されているのである。

逆から畳んでしまうと思わぬ破損の原因になるかもしれない。

日本人の3割しかこの事を知らなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ