イルカとクジラの違いは大きさだけ

動物を取り上げる番組が沢山あるのに3割しか知られていない事実がある。

新江ノ島水族館ではイルカのショーが行われている。そんなショーを見せるイルカは非常に賢い生き物として知られている。他にもこの水族館ではクジラも飼育されている。

そんなイルカとクジラの違いは大きさだけという事実がある。

一体どういう事なのだろうか。

新江ノ島水族館の飼育員の人に話を伺うと、やはりイルカとクジラの違いは簡単に言えば体の大きさだけだという。

実はイルカもクジラも生物学の分類上は同じ生き物で体長4m以上をクジラとして体長4m以下をイルカと大きさで分けてあるだけ。

歯のあるハクジラの中でも、大人になって体調が4mに満たないものはイルカ、4m以上のものをハクジラと呼んでいる。

なので、顔がイルカっぽくても体調が4m以上あればクジラとなるのである。

日本人の3割しかこの事を知らなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ