CDの最長記録時間が74分の理由は名曲『第9』を記録する為!?事実

日本人の18%(約2割)しか知らなかった事を紹介。

確かに言われてみればとても気になる音楽CDにまつわる意外な事実。

音楽を聴こうと思ったら昔はレコードやカセットテープなどのアナログ音源が主流だった。ペラペラの薄いビニール材質のレコードであるフォノシートと呼ばれるものがあったり、カセットにしても自分でダビングし、メタルテープやクロムテープなど色んな物があった。

中でも1979年に発売された携帯プレーヤー『ウォークマン』は爆発的なヒットとなった。

1982年に遠賀用CDが世界で初めて発売されると、アナログからデジタルの時代へ移行した。8cmのシングルCDなんていうのもあった。

ちなみに世界で初めて生産されたCDはビリー・ジュエルの『ニューヨーク52番街/Honesty』。

1992年になるとMDが登場。しかし最近は減少傾向。そんな中、12cmのCDは現在も主流となっている。

そして12cmCDの最長記録時間は約74分。すごい中途半端だが、あの名曲に合わせている。

CDの最長記録時間が74分なのはあの名曲を記録する為という事実がある。

その名曲とはベートーベンの『第9』。これらのクラシックの名曲を入れる為なのである。指揮者によって演奏時間は若干異なるが74分台で『第9』の記録が可能である。

他のクラシックも95%が記録できる為、74分になったそう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ