ベッドは壁につけてはいけない事実

日本人の25%(約3割)しか知らなかった事を紹介。

家具の配置や部屋の片づけに思わぬ落とし穴がある。湿気が多く、日当たりが悪い部屋の場合は注意すべき事がある。

クリーニングから返却された衣類をビニールが付いたまま収納してしまいがちだが、それをしてしまうと通気性を妨げ、カビや変色の原因になる事もある為、湿気などを抜く為、ビニールを外し、一度干してからしまうのが良いそう。

そしていよいよ梅雨の時期にやってはいけない事実。

日本人の多くが部屋を有効活用したいが為に、ベッドを壁にくっつけているが、ベッドは壁につけてはいけないという事実がある。

ほとんどの人は当然の様にベッドを壁につけていると思うが、環境によっては壁がカビだらけになってしまう。

この理由は寝ている間に体から水分が出ているから。その為、通気性の悪い部屋や湿気がちな部屋では、ベッドと壁の間の湿気で、カビの原因になる事がある。

なので、特に梅雨の時期は湿気がちな部屋では通気性を確保する為、5cm位は壁から離した方が良いかもしれない。

他にも本も湿気を含み、カビ易い為、たまには本棚から本を取り出し、湿気を逃がした方が良いかもしれない。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ