デパートでは外を見なくても雨が降っているのがわかる!?事実

日本人の32%(約3割)が知らなかった事を紹介。

梅雨の時期、知っていると濡れずに済むかもしれない事実がある。

最近のデパートは屋上が充実している。例えば西武池袋本店では屋上に『食と緑の空中庭園』と称して池まで作っている。

そのデパートの中で買い物をしていると外の天気が分からない為、買い物を済ませて出たら既に外では雨が降っていたなんて事があるかもしれない。

しかし、デパートでは外を見なくても雨が降っているのがわかるという事実がある。

雨具の準備をしている人や濡れている人をデパートの中で目撃するからとか、そういう事ではないく、ちゃんとした理由がある。

外は一切見えないデパ地下などでは特に業務連絡をうけていないのに、雨が降っているのを把握し、着々と店員・スタッフ達は雨対策を始める。これは従業員だけでなくお客でも店内をよく注意していると分かる。

その理由は店内のBGM(音楽)で把握する事が出来るからである。外で雨が降り始めたら店内のBGMが変化する。

実際に雨が降り出すと、例えば西武池袋本店ではBGMが『雨に唄えば』に変わる。すると店内にいても雨が降ってきたかが分かる。

このデパートでは担当の職員が30分に1度くらいのペースで外の天気をチェック、状況に応じて雨や雪や晴れなどでBGMを変えているのである。なので、従業員の人は外を見なくても雨が降ってきたのかが分かるのである。

逆に雨がやむと西武池袋本店では『サンシャイン(YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE)』が流れる。

皆もデパートに行った際はBGMに注意してはいかがだろうか。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ