お坊さんが木魚を叩く理由は眠気防止!?事実

日本人の25%(約3割)しか知らなかった事を紹介。

お盆休みでは法要などに出る事も多いはず。お坊さんの頭は何故坊主頭なのか疑問に思う人は多いだろう。

この理由はお坊さんに髪があると、髪型やらで余計な事を考えてしまうから。余計な事を考えない様にと髪を剃る人が多いのである。

そして、ここからが日本人の3割しか知らない事であるが、お坊さんが木魚を叩くのはお坊さんがある事をしない為という事実がある。

木魚は漢字で『木の魚』。その名の通り、魚をイメージしているのである。その魚は目を閉じて眠らない為、昔は寝ない、不眠の生き物と思われていた。

つまり、お坊さんは眠気防止の為に木魚を叩いているのである。

真言宗弘明寺のお坊さんによると、お経を読んでいる時に眠気を覚ますという意味があるという。但し宗派により違いはある。

他にもリズムをとるなどの意味があるそうだが、眠気防止と言われる事が多いのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ