空気入れが無くてもストローで浮き輪が簡単に膨らむ・膨らませる事が出来る!?事実

日本人の25%(約3割)しか知らなかった事を紹介。

知ってる人と知らない人では大違い。海やプールでお役立ちな事実がある。

海水浴やプール遊泳で使用する浮き輪。この浮き輪は空気入れがないとなかなか膨らませるのが大変と思われがち。

しかし、ある物を使用するだけで浮き輪が簡単に膨らむという事実がある。

専用の空気入れが無くても浮き輪などを簡単に膨らませる方法で、何を使っているかと言えば驚くべき事にストローを刺しただけ。

「あんまり効果はないんじゃない?」と疑うかもしれないが、肺活量がありそうな現役プロレスラーと肺活量の少ない小柄な女性でストロー有り無しで浮き輪膨らまし対決をしてもらうと、現役プロレスラーは1分43秒だったのに対し、小柄な女性は1分3秒で浮き輪を膨らます事が出来た。つまり圧倒的にストローを使用した方が浮き輪を早く膨らます事が出来たのである。

浮き輪がこれだけ早く膨らます事が出来るメカニズム・仕組みとしては、浮き輪などには空気穴に弁があり、入れた空気の逆流を防いでいるのだが、ストローが弁を押す事で早く空気を入れる事が出来るのである。

なので、逆に片付けの時もストローを挿しておくと勝手に空気が抜けていくので非常に便利である。

空気入れはかさばるので、海水浴やプールに遊びに行く時はストローを持参した方が良いだろう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ