○○頭痛という医学的正式名称がある!?事実

日本人の34%(約3割)しか知らなかった事を紹介。

この時期ありがちなあれに正式名称があった事実。

きっとあなたも経験があるのがかき氷などの冷たい物を食べて起こる頭痛。

この頭痛は○○頭痛という医学的な正式名称があるという事実。

そもそもアイスクリームにこんな違いがあるのをご存じだろうか。乳固形分の量によってアイスは『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』の3つに分けられている。

そう、一口にアイスクリームと言っても乳成分の違いで表示が違っている。なので、乳成分がほとんど入っていないかき氷などは『氷菓』という。

では、本題。冷たいものを食べてのキーンとするこの頭痛に医学的正式名称とは何なのだろうか。

それは『アイスクリーム頭痛』。

そう、お医者さんなどでも『アイスクリーム頭痛』と呼んでいる。

林クリニックの林院長によるとアイスクリーム頭痛が起こる原因は冷たいものが口に入った為に、舌に分布している神経が温度の変化を察知して脳血管を拡張させ、下がった温度をもとに戻そうとさせる。その時の脳血管の拡張が頭蓋内圧を高めるので、それを痛みと勘違いしてしまう。

その対処法は世間で色々と言われているが、どれが効果的なのだろうか。

番組ではあばれる君で実験した結果、熱い物を食べると痛みがひく事が分かった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ