新幹線の3列シート 体の大きい人は真ん中がいい!?一番広い事実

日本人の25%(約3割)しか知らない事を紹介。

2015年3月14日に北陸新幹線が開業し、地元は大盛り上がり。この先、北は北海道まで延び、日本を縦断する事になる。

そんな新幹線にまつわる意外と知られていない事実。

新幹線には3列シートがあると思うが、体の大きい、体格の良い、いわゆるガタイが良いあるいは太った人は真ん中に座った方が良いのである。

そこには新幹線の隠された秘密がある。

実は3列シートの真ん中の席は一番広いのである。実際に計測してみると、真ん中の席以外は実際に座れる有効幅が43cmdだが、真ん中の席は有効幅は46cmとなんと3cmも広くなっている。

有効幅ではない席だけで測るとなんと両側が44cmなのに対し、真ん中は50cmとなんと6cmも広くなっていた。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ